導入事例とお客様の声

下水処理時に発生する汚泥をオゾン処理で大幅削減

オゾン処理により汚泥の含有量を約半分にまで削減できました。

使用機種
オゾン発生器ED-OG-A10
この用途におススメの機種
オゾン発生器ED-OG-R6
インタビュー先 中央大学 衛生工学研究室様

お客様ホームページへ

所在地 東京都文京区
ご担当者 教授 松尾吉高様 ならびに学生の皆様17名
ご購入日 2006年5月29日
インタビュー日 2007年1月26日
インタビュアー 長倉正弥

用途

  • 水処理
  • 研究施設

――どんなことをされている研究室でしょうか?

水の浄化、その中でも主に下水の処理に関する研究をしています。

――何か特別なやり方について研究されているのですか?

UCTプロセスという、南アフリカで考案された特殊な下水処理法について研究しています。
近年、排水中のチッ素やリンがどんどん増えており問題になっているのですが、通常の標準活性汚泥法ではそれらは除去出来ません。
ですが、嫌気好気活性汚泥法という方法を用いるとチッ素やリンを除去できるのです。UCTプロセスはその嫌気好気活性汚泥法のうちの一つです。

――ではそのUCTプロセスの研究において、オゾンを使用するとどのような効果があるのでしょうか?

下水処理では水中の有機物による汚れを微生物に分解してもらうことによって水を浄化しているのですが、その微生物処理を行う間に微生物自体の量がどんどん増えていき、溜まっていきます。この増えすぎた微生物を余剰汚泥といいます。
下水処理では毎日大量の余剰汚泥を抜き取っていますが、この余剰汚泥を焼却処分するのに膨大なエネルギーが必要になっているのです。
ですが、微生物処理で出た汚泥を一部抜き取り、それにオゾンを吹き込んでからまた戻してやる。すると排出される余剰汚泥の量を大幅に減らすことができるのです。

――なぜそんな現象が起きるのでしょうか?

汚泥自体というのはそのままでは微生物に分解させることが出来ません。ですが、オゾンを当ててやることにより汚泥が酸化され、微生物にとって分解しやすい形にすることができるのです。

――こちらの研究室ではそれをどのように研究されているのでしょうか?

2つの全く同じUCTプロセスの実験系統を作り、片方はオゾン処理を行い、もう片方はオゾン処理なしで比較を行っています。

――オゾン処理を加えた場合と加えない場合とで差というのは顕著に現れるものなのですか?

はい。現在、オゾン処理を加えた方の系統の汚泥の量は加えない方の約半分の量になっています。

――半分というのはどのような意味で半分なのでしょうか?

水中の汚泥の含有率です。この系統中の排水の量はトータルで11.5リットルになり、そこへ一日に30リットルほどの排水が送られます。その排水がそれぞれ系統中を1日につき120リットルずつ循環し、0.65リットルずつ無酸素槽から汚泥を抜き取っています。
そして片方の系統のみ、循環している廃水を曝気槽の中から毎日1リットル抜き取り、それに約1.5グラムのオゾンを吹き込んで無酸素槽に戻してやっています。
その結果、曝気槽における汚泥の含有量は、オゾンを加えない方の系統で1リットルあたり約5000ミリグラム、オゾンを加えた方の系統では1リットルあたり約2500ミリグラムとなり、汚泥が約半分の量になっているということができます。

――なるほど、よく分かりました。ちなみに…石渡さんがこの研究室を選ばれた理由などお聞かせ願えませんでしょうか?

僕は千葉の出身なのですが、地元に印旛沼という沼があって、それがとっても汚いんです。そういうのを見て育ったので、水の浄化には元々興味を持っていました。それでこの研究室を選んだのです。

――素晴らしいです! 今後も研究頑張ってください。どうもありがとうございました。

使い方の詳細

A.UCTプロセス
①水タンク ②有機汚れの素 ③嫌気槽 ④無酸素槽 ⑤曝気槽1 ⑥曝気槽2 ⑦曝気槽3 ⑧沈殿槽

B.UCTプロセス実験系統2

UCTプロセス実験系統全体の流れ:
■①水タンクからの無機汚れと水および②メスシリンダーからの有機汚れの素が混合されて作られた人工廃水がポンプで1日に30リットルずつ系統内に送られる。系統内の廃水の量はトータルで11.5リットル。
■送られた廃水は循環ポンプにて③嫌気槽、④無酸素槽、⑤⑥⑦曝気槽の処理工程を循環させられる。循環流量は1日に約120リットル。
■循環している廃水の一部が⑦曝気槽3より⑧沈殿槽に送られ、その上澄み液が浄化された水として取り出される。
■無酸素槽より1日に0.65リットルずつ余剰汚泥として廃水を抜き取っている。
■さらに、試験系統1のみ曝気槽3より廃水を一部採取し、オゾン曝気処理を加えて④無酸素槽に戻す。
■このような処理が毎日連続的に続けられ、1.5ヶ月~数ヶ月程運転し、その間の系統の変化を見る。

C.オゾン処理
①オゾン発生器 ②オゾン曝気容器

オゾン処理の流れ:
■排オゾンガスの処理のため、ドラフトチャンバー内にてオゾン処理を行う。
■エアーポンプから送られた空気が①オゾン発生器を通り、オゾン含有空気となって②オゾン曝気容器へ送られる。
■オゾン曝気容器にはオゾン処理用の汚泥含有水が1リットル入っている。スターラーで攪拌されている汚泥中にオゾンが吹き込まれる。
■オゾンの曝気は毎分2リットルの流量、約4000ppmの濃度で約1.5時間行われ、オゾン量で約1.5グラムのオゾンが吹き込まれる。吹き込まれるオゾンの量はKI法にて測定されている。

インタビュアーのひとこと

インタビュアー:長倉正弥

現在問題となっている水中のチッ素やリンの浄化処理と、またそれに必要とされるエネルギーの削減という二つの意味で地球環境問題に関わっており、非常に重要な実験だという印象を持ちました。
また、実験を行っている石渡さんは大学4年生ながら非常に真面目に、やる気を持って取り組んでおられ、知識も豊富で驚かされました。是非とも今後の日本の水処理業界を担っていってほしいものです。

オゾン相談窓口

相談・お見積はこちらから。専門のスタッフが分かりやすくご回答します。

どのオゾン生成製品が適しているのか分からない等お悩みの方へ。当社はオゾンのプロフェッショナルとして御社のお役に立てると思います。ご不明点はお気軽にお問い合わせください。

0493-72-6161

オゾン相談窓口

オゾン無料相談窓口

お見積り・お問い合わせはこちらからどうぞ

〒355-0325
埼玉県比企郡小川町上古寺510-1
TEL 0493-72-6161
FAX 0493-72-6162

カスタマイズ・特注品

ホテルの脱臭はオゾン

選ばれる理由

オゾンの基礎知識用語辞典

お客様の声

導入事例とお客様の声

除菌の事例

脱臭の事例

脱色の事例

排水処理の事例

試験の事例

害虫忌避の事例

洗浄の事例

研究の事例

その他の事例