オゾン相談窓口

0493-72-6161 FAX 0493-72-6162 営業時間 平日9:00~18:00 mail@ecodesign-labo.jp

0493-72-6161
営業時間
平日9:00~18:00
mail@ecodesign-labo.jp

導入事例・インタビュー

株式会社沖環境テクノロジー 様
株式会社沖環境テクノロジー 様

宮崎営業部 技術チーム 平下文一 様

所在地:宮崎県都城市 (本社:東京都八王子市)

大型倉庫のイモの脱臭、除菌にオゾン発生器が活躍

倉庫 除菌、脱臭、衛生管理

システム用オゾン発生器 ED-OG-S3

使用機種

システム用オゾン発生器 ED-OG-S3

【販売終了品】現在の後継機種は「産業用ラジエータ冷却式オゾン発生器 ファボゾン15 FOG-RC15G」です。

――オゾン発生器をご購入いただいた理由は何ですか?

価格的に安価だったことです。

――オゾン発生器はどんな目的にご使用いただいていますか?

脱臭が主ですね。大規模というか、広い空間の脱臭ですね。

――オゾン発生器を買って良かった点としては?

色々とわがままを聞いてくれて、オプションとして色々つけてもらったことですね。目的に合ったオリジナル品を作ってもらえたことが良かったです。

――問題点はございませんか?

今のところ故障はないけど…、見栄えも良いし。今のところそんなにないですね。

――どうもありがとうございました。

使い方の詳細

使い方の詳細画像使い方の詳細画像使い方の詳細画像使い方の詳細画像使い方の詳細画像
  1. (1) JA都城のサツマイモ倉庫の脱臭・除菌に用いている。
  2. (2) 焼酎の原料として、2000トン (!) のサツマイモを倉庫に保管している。
  3. (3) 倉庫は5000m3の広さ。写真奥に写っているのはインタビュアーですが、遠すぎてちっちゃく見えます。
  4. (4) 5000m3に7g/hのオゾンを投入している。計算上では1時間後に0.65ppmの濃度になるが、実際は臭い物質の分解やサツマイモへの吸着などで0.1~0.2ppmの濃度となっている。濃度は2日に1回、検知管にて測定している。太陽の動きに合わせ、角度を変えることができる。
  5. (5) 送気ファン (写真左)、壁に這わせた塩ビチューブ (写真右)。発生したオゾンをターボファンにて送気し、倉庫壁を這わせた塩ビチューブから噴出させている。

インタビュアーのひとこと

長倉正弥

インタビュアー
長倉正弥

沖環境テクノロジーさんは以前より大変長くお付き合いさせていただいた会社です。未熟だった私たちに色々脱臭のことその他を教えていただき、育てていただいたも同然のようにお世話になりました。

現在は残念ながら本社の意向により、脱臭事業はやめられてしまいました。誠に残念です。最後の記念ということで大変お世話になった平下さんにインタビューをさせていただきました。

このJA都城さんの倉庫は大量のサツマイモが保管してあり、イモ独特のでんぷん臭がぷんぷんします。オゾン発生器のスイッチを入れると、倉庫の奥の方からオゾンガスが拡散してくるのですが、スイッチを入れ、入り口から奥の方へ歩いていくと、あるところから突然サツマイモの臭いが全くしなくなります。オゾン脱臭の抜群の効果を目の当たりにしました。

インタビュー内容は取材当時のものです。所属、業務内容などは現在では変更となっている場合があります。

他の導入事例・インタビューを見てみる

すべての導入事例・インタビューを見る

研究開発型のオゾン装置メーカーだからできる無料相談サービス

  • お試し試験

    簡単な事前試験
    無料で引き受けます!

  • 機種選定・系統提案

    最適な機種と使い方を
    提案いたします!

  • カスタマイズ可能

    要望に合わせてカスタマイズ
    システム化まで対応!

お客様の課題をエコデザインがご一緒に解決いたします。オゾンに関することはオゾンなんでも相談窓口へ。
製品のご不明点につきましても、遠慮なくお問い合わせください。

お客様の課題をエコデザインがご一緒に解決いたします。オゾンに関することはオゾンなんでも相談窓口へ。
製品のご不明点につきましても、遠慮なくお問い合わせください。